日本酒・焼酎

琉球泡盛に合うゴーヤチャンプルーとナスのマリネ

琉球泡盛「くら」とゴーヤチャンプルー

泡盛に合うゴーヤチャンプルーとナスのマリネ

ナスを干してマリネ作り♪

ナスを沢山買ったので、ナスのマリネ作りたいな、と思い、
「干しナス」を作りました♪

これは室内、窓際です(^^)

外干しが中々できない時に、日当たりのいい場所に吊るします↓

半日で干すナス

即席の「ナスのマリネ」、
歯ごたえがあって美味しいんですよ^^

ナスの焼かないマリネ

参考レシピをご紹介しておきますね↓

ナスのマリネ(焼かない)

ナス 2本  洗って、ななめ薄切り
酢(白ワインビネガーでも) 大さじ2
オリーブオイル
粒マスタード  小さじ2~ ←好きなので沢山目に入れてます
バジル(乾燥)  少々 ←生バジルがあればそれで
粗塩 小さじ1弱

  1. 干し網に半日~一日干す
  2. 酢、オリーブオイル、粒マスタード、粗塩、バジルを混ぜておく
  3. 干したナスを入れて、なじませる
    (ナスは干した後オリーブオイルで焼いておいてもOK)

参考書

食べたかったゴーヤチャンプルー

先日味見をした、ゴーヤチャンプルーが食べたいな~と思ってスーパーに行ったら、
大きめのゴーヤが、目に付きました^^

「これは、買いやな~♪」と、買って帰りました。

島豆腐もなく、ランチョンミートも「ウィンナー」で代用。
高野豆腐を島豆腐の代わりに入れて、「塩こうじ漬けした豆腐」も入れてみました!

食べたかったゴーヤチャンプルー

苦みが・・・美味しーい(#^.^#)

食の好みって、色々に変わるんですね。
以前は「ゴーヤ」はいらないな・・・と思った時期もありました。

今や、この苦みが、体に効いているような薬効成分に思えてくるのは、
熱中症対策を意識しているせい??

ともかく、ゴーヤ、塩こうじ、豆腐などの美味しさを味わいました♪
味付けは、みりんとだし醤油、濃い口醤油少々くらいです。

ゴーヤチャンプルーとナスのマリネに合う琉球泡盛

三年熟成の古酒「くら」を飲んでみた

琉球の「泡盛」が好きなんです(^^)

味に深みがあって、味わいが深い・・・。
でも、

強くて、スグ酔って、まわります(笑)
ただ、悪酔いはしないな、と感じてます。

この「くら」は、はじめて飲む泡盛。

美味しいですね!
三年物は、味わいが違いますが、
「くら」は、個性が強くなくて、味わえるお酒だと思いました^^

琉球泡盛「くら」とゴーヤチャンプルー

生意気にも「オンザロック」で。
でも、一、二杯くらい。

甘酒入りのナスと鶏の炒め物も合いそうですね♪

甘酒で炒めたナスと鶏

泡盛は黒麹から作られて味が深い

泡盛は、暑い地方だからこそできた、お酒です。

沖縄などの温暖地方では、「黄麹菌」よりも、
「黒麹菌」を用いて酒造りが行われていたそうです。

泡盛とは、「黒麹菌」を用いて、原料米を麹にして、

全量を一度に仕込んで、もろみにします。

そのもろみを、単式蒸留機で一度だけ蒸留したお酒のこと。

泡盛うんちく 様より

三年以上熟成させたものを、「古酒(クース)」と言います。

「黒麹菌」は、琉球泡盛がルーツなんだそうです。

まとめ・味わうお酒とおつまみはすべてにおいて深い

味わい深いもの、それは「年月」とか、「作る工程」とか、材料を吟味するとか、
色々な深さがありますね。

本日のゴーヤチャンプルーも、実は塩こうじの深さ、長い工程で出来る高野豆腐、
そして、泡盛の熟成・・・等々があればこその、「味わい」です。

こんな手間暇かけているものを、違う場所で味わえること、幸せです♡

ただし、泡盛は強くて、スグ眠くなるので、
「飲みすぎ注意」を心にメモっておきます^^

楽天

よければ応援してください!

-日本酒・焼酎
-, ,

© 2020 発酵美ジュアリスト