おやつ

発酵あんこのパンケーキとカボチャサラダ常備すると腸活にもなる

発酵あんこパンケーキといちじくケーキ

お砂糖の要らない「発酵あんこ」を作りました。

発酵あんこは、麹と小豆だけで作れます。

お腹の調子を整えながら、
甘みのおやつにもなるので体調管理や腸活にすご~く助かります^^

発酵あんことは

発酵あんことは、「麹」で作るあんこのこと。
砂糖不要、小豆を煮て、一定温度で保温することで発酵を促すものです。

だから普通のあんことは違う、体にもいい成分で「腸活」を促します^^

発酵あんこの作り方

発酵あんこ

小豆 100g
麹  100g
水 300cc~

  1. 小豆は洗ってヒタヒタの水で5分煮る
  2. 一度ざるに上げて、水を入れて再度60分位煮る
    小豆を少し冷ます(麹菌が活発化できる温度になればOK)
  3. 炊飯器に麹と小豆を入れる
  4. 保温にして、蓋をあけて布をかぶせ8時間放置する
    ※時々しゃもじでのかき混ぜが必要です

小豆を炊くときに、硬めに炊いたので出来上がりも硬かったです。

数時間常温に置いておくと、そんな小豆も少し柔らかくすんなり食べられます。
発酵が進むので、適当な時間で冷蔵庫に入れます。

小豆の効能がすごい~腎を整えむくみ取りにも

あずきは、食物繊維やタンパク質、ビタミンB群、鉄やカリウムといったミネラル、サポニンやポリフェノールなど、さまざまな栄養素をバランスよく含んでいます。そのためあずきが持つチカラは、今、世間で注目を集めています。

小豆の持つ6つのちから 井村屋さまより

自然療法では、小豆は色々に使えます。
ことに腎臓によいとされてきました。

昔は枕の中に入れたり、砂糖を入れないで小豆を炊いて食べたり、したそうです。

麹で甘みが出る秘密

唾液のでんぷん分解の過程と同じようなことが起こり、
麹は甘くなるのだそうです。

ご飯をよく噛んでいると、唾液のアミラーゼという酵素が出て「甘み」を感じますね?
その時と同じで、甘くなるのだそうです。

食と科学ー米麹の甘酒が甘いのはなぜ?わかりやすく解説してみた

味博士の研究所様より

発酵あんこのパンケーキ

発酵あんこのパンケーキ

発酵あんこのパンケーキを作ってみました♪

以前パンケーキ用の粉を買って、半分使っておいて置いたら、

なんと、保存はできません✖ という裏書を見つけて処分💦
ちゃんと確認必要でした。

今度はひとパック一度に焼いてみる!!と、焼く気満々で臨みました(笑)

頂きもののイチジクがあったので、それも使うつもりでした↓

はじめは王道の「発酵あんこパンケーキ」♡

発酵あんこのパンケーキ

そしていちじくを使った、カップケーキとパンケーキを焼きました♪

「発酵あんこ」も「いちじく」も素朴で美味しい!

口の中で甘さは広がるけど、後に残らないのでいくらでも食べられそうです(笑)

あかん、あかん、甘いものは少々で^^

なので、一番のトッピングを食べました↓

発酵あんこパンケーキ

この両方の味で、言うことなしの豪華さで、満足でした♫

発酵あんこパンケーキといちじくケーキ

発酵あんこをカボチャサラダに入れてみたら

カボチャと人参を茹でてサラダにしました。

そこへ「発酵あんこ」を入れたら、パクパクいける(笑)

カボチャの甘みを邪魔せず、かといって甘すぎず、いくらでも食べれます♪

参考

  1. カボチャと人参を茹でつぶしておく
  2. 豆乳を入れて火にかけ硬めに仕上げる
  3. リンゴ酢を入れる
  4. 発酵あんこを入れて混ぜる
  5. マヨネーズをのせる
腸活にもなる発酵あんこカボチャサラダ

リンゴ酢を入れたので、サラダ感が増しました^^

マヨネーズなしでもOKだけど、あった方が美味しかった♪

まとめ・甘くて美味しい常備薬で腸活にも

「発酵あんこ」を食べてすぐに、腸活体感♡

これは、常備すると甘酒や乳酸菌漬物みたいに、
お腹にいいので体が楽になるだろうと思います。

チョコチョコ食べるだけでも、小豆と麹の薬効が効いてくる気がしてます。

ただ日持ちしないし、発酵食は過発酵していくので、
食べない時は冷凍をおすすめします。

レシピを覚えておくと簡単なので、
体調が良くない時にもサッと作れますし、重宝ですね。

腸活は近年取り上げられていますが、
私は何より「発酵食」が効きました。

腸をいやすにはこちらも良かったです♪

★ 発酵食品と腸活について~お腹の不具合を治す「梅干し湯」

また小豆は「腎」にいいので、
むくみなどは、小豆のゆで汁を飲むといいと昔から言われてきたくらいです。

食卓薬膳になる発酵食、簡単レシピで続けたいものです^^

よければ応援してください!

-おやつ
-, ,

© 2020 発酵美ジュアリスト