主菜&ランチ

きしめんで名古屋味噌煮込みうどんを作って飲んだ赤味噌ラガー

味噌煮込みうどんと赤味噌ラガー

赤味噌ラガーという文字を酒屋さんで見たとき、
すぐに「名古屋のだ」とピンときました。

手に取ってみると、そのままの文字が^^

名古屋赤味噌ラガー

果たしてどんなビールなのか??

と裏面を拝見すると、

名古屋赤味噌ラガー

麦芽、ホップ、糖類、豆みそとあります。

・・・これは飲んでみないとわからない・・・。

興味津々で買って帰りました。

そこからの、「きしめん・味噌煮込みうどん」メニューです^^

きしめん名古屋味噌煮込みうどんで赤味噌ラガーを飲んだ夜

きしめんを求めて買いに行ったわけじゃなかったのですが、
たまたま売っていたので、味噌煮込みうどんに入れてみよう!となりました。

味噌煮込みうどんはエビ天と卵に決めた♫

昔名古屋の知人に、美味しい「味噌煮込みうどん」のお店に、
連れて行ってもらったことがあり、

その時からの「味噌煮込みうどん」ファンです(^^)/ ♫

そこでは、「エビの天ぷら」と「卵」がメイントッピングでした。

「ようし、同じようなの作ってみよう♪」と思い立ち、
買い物に出かけた次第です。

「エビ天」は、自作で。
5,6匹入れたかったですが、「3匹」としておきました←バランスとかも考えて^^

エビ天入り味噌煮込みうどん

この場合、「粉を薄くつけて焼き上げ」に。
油カスとかもいらないので、サッパリした揚げ物です。

参考

  • 出汁はあごだしを
  • お味噌は「赤」3と「白」1の混合
  • みりんと醤油少々入れて具材を煮る
  • 仕上げに卵を割って入れ、エビ天をのせる

赤味噌ラガーってどんな味?

戦国武将が愛した赤味噌(豆みそ)

味噌にはいろんな種類がありますが、こと赤味噌ってどんな味噌なのかというと、

  • 熟成期間が長い(6か月以上)
  • 原料の大豆を蒸す(白みそは煮だす)
  • メラノイジン(褐色色素)が多く抗酸化作用が強い

こと赤味噌の中の豆みそは、名古屋(東海地方)特産のものなんですね。

「豆味噌」…大豆・塩・水のみを主原材料として作られます。
東海三県(愛知、三重、岐阜)が主な産地です。

愛知県の誇る戦国武将である、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は、
やはり赤味噌(豆味噌)を愛好していました。

家康の愛した赤味噌(豆みそ)   様より

赤味噌ラガー

このビールは、盛田金しゃちビールというところで製造販売されてます。

なるほど、赤味噌使いとは、名古屋らしい発想ですよね。
デザインの力強さ感とは別に、お味はマイルド傾向です。

でもしっかりとした、クラフトビールのキャラクターがあります^^

さて、飲んでみた感想

豆みそ「赤味噌・愛知産」が一部入っているという、このビールを飲んでみました。

一口目、やっぱりクセがある味、嫌いではないけどラガーっぽくもないかな??

このインパクトは「豆みそ」なのか?どうかわかりませんでした。
そして、少し甘みも感じました。

味噌煮込みうどんと一緒に食べて、飲みやすくて美味しかったです♪

風味マッチしてました^^

さすが、ザ・名古屋めしですね。

味噌煮込みうどんなど「赤味噌」は栄養バツグン

赤味噌は、甘みが少なく料理に取り入れることも少ないのですが、
改めて、味噌煮込みうどん(赤・白)が美味しいと思いました!

「赤味噌」ラガーも、味噌料理に合いました^^

各地の料理は歴史の積み重ねでもあるので、
昔の人々が愛したものを再現しているようで、ちょっと感動です♡

それと「自然の健康的な食」については、昔の人の知恵がすごいと思えます。

今回の「赤味噌ラガー」ビールも、赤味噌風味を持ったものですし。
発酵食である味噌の中でも、「赤味噌」も抗酸化作用つまりアンチエイジングに良い、
すごく栄養のあるお味噌になります。

その中の「豆みそは」、
豆のたんぱく質が消化しやすい形になっているので、栄養バツグン!

長期保存もできるし、もっと活用していきたいな~♫

これからの季節、色々なお味噌料理も楽しみたいですね♪

よければ応援してください!

-主菜&ランチ
-, ,

© 2020 発酵美ジュアリスト