酵素ジュース・瓶詰

お手軽♪ブルーベリー125gのプチ酵素ジュースを仕込みました

125グラムのブルーベリーを酵素ジュースにしてみました

お手軽♪ブルーベリー125gのプチ酵素ジュースを仕込みました

プチサイズで気軽に作れる

アメリカ産ブルーベリー125g

いつも行く八百屋さんに、ブルーベリーが山積みされてました。
一ケース125g入り。
真っ先に浮かんだのが、ジュースにしてみたら?という案。

小さな瓶があったのを、思い出したので、作ってみることに!

昔はわざわざブルーベリー狩りに行くほど、この季節の楽しみでしたが、
ここ数年行ってません。

ブルーベリーの冷凍を、スーパーで初めて買っただけで、
外国産は、ほぼ食べたことがありませんでした。

残留農薬・洗ってみてわかること

酵素ジュースを作るときに、気になるのが、農薬やポストハーベストです。

収穫後皮をむかない分、見えないですが外気からも、色々受けています。

農薬は、生育の時だけではなく、収穫後に施される防カビ剤などもあります。
輸入品に最も多いのです。

このブルーベリーは、アメリカ産。

洗ってみると、お水だけではわかりませんが、
洗浄する粉(ほっき貝で洗浄できる)を入れて数分後はこんな感じでした↓

見るからに、何だこれ?!というものです↓

ポストハーベストなど除去する
浮いてきているのが、汚れや農薬

洗浄後、水も透き通っています↓

洗浄後のブルーベリー

ポストハーベスト(残留農薬)を除去してみたら

ポストハーベストとは

残留農薬だけならまだしも農薬は収穫前に使用されるものだけでなく収穫後に殺菌や防カビ、芽止めを目的として散布されるものがあるということご存知でしょうか。これが、今回のテーマである「ポストハーベスト」と呼ばれる農薬です。

知っておきたいポストハーベストって何?

さらに、近年騒がれている除草剤ラウンドアップですが、
こちらも遺伝子組み換え作物とセットで、日本に入ってきていますね。

そのうちの成分「グリホサート」を禁止する国が相次いでいるのに・・・。
今や中国よりも日本の方が何倍も、残留基準が高くなっているそうです。

ラウンドアップはベトナム戦争で使われた「枯葉剤」をつくったモンサントが1974年に発売した除草剤で、
グリホサートを主成分としている。
このグリホサートが猛毒を含んでおり、2015年に世界保健機関(WHO)の下部組織「国際がん研究機関」が
「おそらく発がん性がある」と発表し、17年には米国政府の研究で急性骨髄性白血病との関連が発表された。

日本政府はすでに世界的に危険性が明確になっていた2016年に「グリホサートの安全性を確認した」との評価書を公表した。
この評価書を前提に2017年12月には、グリホサートの残留農薬基準を大幅に緩和した。
小麦で6倍、ソバで150倍、ゴマで200倍、ベニバナの種子で400倍というけた違いの大幅緩和だ。

しかもこのことをマスコミは一切報道しなかった。
これによってグリホサートの残留基準は中国の基準の150倍になった。
中国からの輸入野菜が農薬まみれで危険だと問題にしていたが、その中国産野菜の方がまだましという殺人的な状況になっている。

世界中が禁止するラウンドアップ余剰分が日本で溢れかえる 様より

除去する方法を身につける

流水で洗うのは基本として、表面のワックスや汚染物質は取り除きたいですね。

重曹、酵素(ジュース)などにつけていもいいのでしょうが、
私は見た目がわかる、ホッキ貝の成分入りの「野菜洗い」を使っています。

初めはあまり威力?がないかと思いましたが、
そこそこ入れると、このように浮いてきます(トマトは黄色の水になったり)。

果物野菜洗い

小さな瓶が活躍中♪作ってみました

作り方はこちら


酵素ジュースの作り方はこちらを参照

今回は125gなので、白砂糖も同じに。
量が少ないのと、農薬がかかっていて果皮の健康状態が良くないと思われました。
発酵がどうなるのかなと思い、
スプーン小二杯くらいの、酵素ジュースを入れて発酵を促します。

発酵が進まず、でもやっとジュースになりました!

ちょっと遅かったですね。
無農薬の果皮よりかは、お砂糖が中々溶けにくかった気がします。
でも、これはあくまで私の考えですけど。

二日目でも、三日目でも中々溶けるのが遅かったです↓

二日目のブルーベリーちゃん

でも、段々元気に醗酵してくれました↓

ブルーベリー酵素ジュースができている
頑張って発酵してます^^

そして、125gのブルーベリーが、やっと酵素ジュースになりました!

125gブルーベリーがやっと酵素ジュースになりました!

おやつ「豆乳と甘酒のミックス」を冷やしたシャーベットにブルーベリーを入れて♪

豆乳がヨーグルト化していたのと、甘酒が少し残っていたので、
混ぜて冷やして「シャーベット」にしました^^ 

これ、さっぱり味の、ほのかな甘みで美味しいんです♪


市販のシャーベットと比べると、甘さが少ないですが、発酵の甘酒の甘み深みは残ります。
ブルーベリーの濾した実をのせて、甘さももうひと味確保。

何だか冷たいので体もスッキリしました!

甘酒と豆乳のシャーベットブルーベリーのせ

まとめ・安全安心な食生活と発酵の活用を楽しんで♪

出来る限り、「安全安心」な食環境を追求することは、
自分だけじゃなく子孫にまでつながることだから、意識的になりたいと思います。

でも嫌だと思うばかりでなく、対処して、発酵で楽しむことがベストだと。
幸い日本に先祖由来の発酵食がありますし、腸を整えていけると思うので。
そこから健康につながればいいと思います^^

プチブルーベリー♪も、ジュースも色々に使ってみますね。

よければ応援してください!

-酵素ジュース・瓶詰
-,

© 2020 発酵美ジュアリスト