発酵を研究する

にがりを使わない豆腐を思いつきで作った結果とおからランチ

おからピラフと豆腐作り

にがりを使わない豆腐を思いつきで作った結果とおからランチ

近頃の「お豆腐」・・・、何だかね~と思っていました。

美味しいお豆腐もあれば、いつまでも匂いがするものもあり。

そうだ!いちど自分で作ってみよう!と思い立ち・・・、
にがりの要らない豆腐に挑戦・・・しました。

その結果を記します。

お豆腐は「にがり」がなくても出来るんだ!

お豆腐・・・、昔住んだ家の近くに、お水にこだわった美味しいお豆腐屋さんがありました。
ちゃんと添加物(化学)なしで、作られていて、
大豆の甘みや、舌触りの滑らかさに驚いたことが、忘れられません。

もちろん品質もいいので、お値段もそれなりでした。
市販の倍以上はしていたかと。

それでも、ひっきりなしにお客さんが訪れる、有名なお店でした。

近頃は、そんなお豆腐とは、縁遠くなってしまっていました。

美味しいお豆腐でも、スーパーで出荷されると、風味も落ちてしまう感じですね。

そこで、「にがりなしでお豆腐ができる!」と情報をもらって、
作ってみることにしました^^

豆乳と大豆

大豆とお塩とお酢でできるお豆腐

きれいな色のおから出来立て!
きれいな色のおから出来立て!

人生で何度か、豆腐作りはしたことがあります。

それは、大豆を煮て「おから」と「豆乳」とにわけて、
豆乳をくみ上げ湯葉にして、食べてみたり。


また別の時には、
わざわざにがりまで買ったのに、うまくいかなかったこともあって、
豆腐作りは、そのまま停止中(苦笑)でした^^

今回作ったのは、量も少な目で、一丁分にもならないほどの豆腐。
味噌に使った残りが、大豆100gあったので、
それで、試してみました・・・。

とにかく、どんな感じになるのか?お試ししたかったんです^^

豆を浸して、煮るだけ―その結果

ひと晩つけた大豆を、水とフードプロセッサーにかけて、煮る↓

大豆をフードプロセッサーにかける
豆腐作り・大豆を煮る

一回目を布等で濾すと、「おから」ができます

その残りをまた火にかけて、お酢とお塩とお水を入れると、豆腐の部分とホエイ(乳清のようなもの)に分かれます

ちなみに、呉(ご)は、大豆そのままをペーストさせてつかい、お汁にすると呉汁になって、
とても栄養価が高いです。

呉汁(ごじる)は日本各地に伝わる郷土料理である。大豆を水に浸し、擂り潰したペースト(ご)といい、
呉を味噌汁に入れたものが呉汁である

Wiki

豆腐を作る過程でできる透明なお汁も、大豆の栄養価の高いものです。
これを使って、味噌汁など作るといいようです。

そして豆腐になった?おからと酒粕チーズでランチ

失敗!こぼしちゃった!

やってしまいました・・・。
一度目におからと豆乳を分ける時に、豆乳をうけるための容器を下に置くのですが、
小さめの受け皿にしたのが、大失敗💦

量が多すぎてこぼれてしまいました。

なので、その分は豆腐にもならず、量も足りないということに。

そして・・・出来上がりは、このように(^-^;

型にも入れられず、ザル豆腐風に。

出来上がりの豆腐・形なし

酒粕粉チーズを作りました

独自レシピで、酒粕粉チーズもつくっておきました。

酒粕と米粉、カシューナッツ(水に浸す)と、生クルミをフードプロセッサーにかけて、
フライパンで炒めるだけです。

時短でランチ「おからピラフ」とホエイのお汁とおぼろ豆腐風(笑)

ということで、お昼はかなり豆腐作成に時間がかかり、
時短ランチにしました。

いまある出来立て「おから」(^^)/をご飯代わりに!

メモ

  1. 玉ねぎをみじんにして、炒めて、おからも炒める
  2. 甘酒ケチャップと酒粕チーズを入れて、さっと炒める
  3. 出来上がりに、甘酒ケチャップを散らす
時短おからピラフ

お豆腐は、かつお節とポン酢を少しいれて。

おぼろ豆腐になりました(笑)手作り豆腐

栄養たっぷりの「ホエイ汁」(大豆乳清とでも)は、塩分も効いてます↓
たんぱく質たっぷり!

たんぱく質たっぷりホエイ汁
乾燥オクラ役立ってます(^^)

豆腐作りからランチづくりまで、何とかなりました(^^)

手作り豆腐で、時短即席ランチできました!

おからピラフと豆腐作り

まとめ・アイデアを生かすと何でもできるかな

とにかく、ランチどうしよう??と困ったときに、閃いたのでしたが、
お腹にもちょうどいい具合に!

おからのピラフ、新鮮で美味しかったです♫
お豆腐は、モチロン固め(笑)

ホントに少ししかできないところに加えて、
液をこぼしてますます量が減ってしまいましたが、

出来立てを食べられて、「満足~」でした♡

ホエイ汁も美味しいです!

このランチは、このような見た目ですが栄養価は高いのです。
大豆の栄養は、ほぼ「おから」と「ホエイ」に残るそうですから。

一丁の豆腐は、どれだけ豆の量が沢山いるのか、よくわかります。
それだけの量があるからこそ、
大豆イソフラボンなど、栄養も豊富に摂れるのですね。

また次回はちゃんとした形の豆腐に、挑戦してみます^^


よければ応援してください!

-発酵を研究する
-, ,

© 2020 発酵美ジュアリスト