漬物

「お腹の痛くならないぬか漬けの作り方」でキュウリと卵のトースト

ぬか漬けでたまにお腹が痛くなったとか、聞いたことがあります。

これは雑菌がはいってしまったのか、菌が発酵ではなく、腐敗に働いたのかではないでしょうか。

お腹の痛くならない「ぬか床」とは

ぬか床は発酵が進むと、その作り手の愛着がひとしおになります^^

逆に腐敗していくと、どうしてか?と菌は危ないなど、とらえられてしまうようです。

手の常在菌と市販のぬか床

お腹の痛くならない「ぬか床」には、いくつかのコツがあると思うんです。

私が何も入れていない「ぬか」から作ったぬか床は、自分の「手の常在菌」が入っていて、
自分向けに、悪さをしないようになっています。

だって、自分の体を守ってくれる手の菌だから^^

市販のぬか床は、はじめから出来上がっていて、
そのまま漬けていけるのが多いですね。
今時は、無農薬とか材料に凝ってあるぬか床も沢山出回って、それもいいかもですね。

ただし、一般的には保存がきくようにもできていて、いいものばかりでもないようです。
それだけ添加してあるものが多い、ということですから。

私もだいぶ昔ですが過去何度かは、市販のものを使いました。

そして数か月持てばいいほうで、一か月位で飽きてしまい、
そのまま放置して、しまいに捨ててしまう結果になっていました。

味や塩分濃度が違うぬか床の秘密

市販で漬けていたころは、毎日の手入れというよりは、「味」で飽きてしまっていました。

塩分濃度が濃すぎて、しまいに嫌になっていくのです。
モチロン、浅漬けで工夫したらよかったんですけど、
そこまで愛着もなく、レシピレパートリーもなく、たまにカビが生えると嫌になって、
捨ててしまったり、ということを何度か繰り返しました。

今回は「発酵する」こと、「発酵レシピ」から入っているので、
何もかも昔のやり方とは違います。

違いは、「水」「塩」「ぬか」「入れるもの」でした。
「水」はガイアの水。「ぬか」は無農薬。「塩」も家にある岩塩。「入れるもの」は酵素ジュースなどの発酵を促してくれるもの。

すなわち、微生物が活性化しやすく、一からぬかを自分の常在菌と、コラボさせたことです

普通のぬかから漬けてみたら簡単で続いている

発酵ということを意識してから、ぬか床も教えてもらい、手作りしました。

上記したような、材料などのコツはあるのですが、やり方はすごく簡単。

ただし、発酵生活ならではの、「酵素ジュース」などを使うので、
そういう意味では、手間がかかっているのかもしれません。

ぬか漬けで、お腹が痛いという時や、塩辛い、腐敗してしまう、などがあるのでしたら、
何かの工夫をされることをお勧めします。

ちなみに、家のぬか床は冷蔵庫に入れています。
その方が過発酵を気にしないで、気が楽にできるので。

キュウリのぬか漬けで料理のレパートリーを増やす

キュウリはすりおろしでもぬか漬けでも酵素と乳酸菌がいっぱい

お手軽にキュウリをすりおろすと、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が沢山とれます。

ぬか漬けも乳酸菌やビフィズス菌といった、善玉菌になってくれやすいので、
適量をとっています。

夏の旬の時には、体に水分を与えてくれる瓜類が重宝ですね。

ぬか漬けのキュウリで卵トーストー塩分は必要なし

茹で卵トースト、大好きなんです♪

中学生のころに、茹で卵と塩もみした輪切りのキュウリを、マヨネーズで和えて、
トーストして以来、大好物になりました(#^.^#)

シンプルなメニューですが、焼き加減にこだわりがあって、焦がすくらいがちょうどでした。

近年は、それにチーズを足すようになって、あまり焦がさなくてもコクが増してます♡

塩分は必要ないし、もう少し浅漬けでもよかったかなと。
発酵が進むと、ぬか床から取り出しても、味はぬか漬けっぽくなっていくのです。

青汁酵素ジュースとコーヒーと共に

あー美味しかった♪
コーヒーと共に、しあわせな朝のひと時でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リコエンザイム ビオソルト 300g
価格:1620円(税込、送料別) (2020/7/23時点)



よければ応援してください!

-漬物

© 2020 発酵美ジュアリスト