おすすめ発酵食

発酵食品と腸活について~お腹の不具合を治す「梅干し湯」

発酵生活で発酵食品をとっていると、たまにお腹が反応してくることがあります。

「食べ物」と「個人の体質」と「食べ方」は、一概にこれが最適!と言えないほど、
人によって「腸内細菌」にも個性がありますし、体調も受け取り方も違います。

日常の、ちょっと「食べたものが古くて・・・」とか、
今回の記事後半で書いたのですが、冷えからの体調不良なんかで、
お腹の調子を崩したときには、
梅干し」を使ったものが一番簡単で、手っ取り早いです。

お腹が「キュ~」っとした時に、即効の「梅干し湯」

お腹の不具合は、腸内で発生している「菌」の不具合なんでしょうが、
とにかく、腸内細菌のバランスを整えることを、真っ先にしたほうがいいでしょう。

私も、発酵食だからと安心して食べて、「あれっ?」という時もあります。
加工してしまったものは、どうしても変化するので、腐りやすいのでしょう。

とにかく、そんな時は、「梅干し!」と、冷蔵庫を開けて取り出します。

風邪の時なんかの胃腸の回復にも、一番いいのは「梅干しのおかゆ」ですね。

とにかく常備しておくと、本当に助かります。

天然で土用干しをした梅干しの薬効

梅干しを食べると食あたりになりにくいという昔からの言い伝えがありますが、梅干しが食中毒菌である「黄色ブドウ球菌(MRSA)」や「病原性大腸菌(O-157)」といった食中毒菌の増殖を抑制する作用(制菌作用)があり、食中毒を予防する働きがあることが明らかになりました。

http://www.umekounou.com/effect/ 様よりお借りしました

青梅を煮詰めた梅肉エキスのものすごい殺菌作用

梅肉エキスは、大変手間のかかるものです。

作り方は、「青梅」のアクを抜いて、すり下ろしてペーストになるまで煮詰めます。
黒炒り玄米までは作ったことがありますが、
さすがに梅肉エキスはできなかった記憶があります。

ひとさじだけでも、すごい殺菌力と整腸作用なんですね。

梅肉エキスは、強力な殺菌作用があります。会員さんで以前、牡蠣に当たって七転八倒した人がいました。その娘さんが「死んでしまうのでは」と思ったほどですが、梅肉エキスのことを思い出し、小さじ1杯ほどなめたところ、ピタリと腹痛が治まり、事なきを得たということがあったようです。

https://tokusengai.com/_ct/17288224 様よりお借りしました

腸活で、腸のフォドマップ食、腸のカビのこと、いろいろな事象はあるけれど、
それは、またの機会に書いてみます。

腸活するには「冷え」ないように

冷えちまったぜえーという感想でした💦

ここ数日、暑いような、それでいて夜少し冷えるような、変な気候でした。
ああ、冷えから来てるな~と感じるも、中々クーラー生活から抜けられなくて・・・。

とうとう、筋肉が硬くなって、冷え疲労がたまってしまいました💦

こうなると、胃腸は不調になるし、だるくてしんどいです。

大体胃腸が弱くなる時って、暴飲暴食の他は、
冷房にあたりすぎて、体の手足が冷えてしまったとか、
体循環が悪くなってからの、免疫の弱りから来ます。


汗をかいて、自然に戻る生活にすると、良くなっていくのですが、
それまでに、すでに不調で寝込むことに・・・。

「梅干し湯」と「あったか~いおうどん」で不調回復する

あったかくて、ものすごく美味しいのは、体が要求してるんですね♪

わかめ、ねぎは定番卵やお揚げを入れて♪

こんな時は、体の要求に従って、クーラーをやめて、横になったり静かに過ごし、
「梅干し湯」3杯、夜に「あったかいおうどん」ねぎ、わかめ入りを食したら、

沢山汗もかいて、夜には体がかる~くなっていました(^^)/

腸活は、お腹周りだけでなく、手や足腰も冷やさないようにして、
同じ姿勢でいるような「血行不良」にならないことが、大切ですね。

デスクワークだと、足や背中から冷えて腕肩がつらい・・・と、
免疫も弱って胃腸も弱る・・・。

この悪循環を抜けるには、とにかく汗を適当にかいて、梅干しや腸にいいものを摂って、
自然の流れに逆らわないで、休むこと。

これをホントに実感した、今日この頃です^^

皆様も、夏の冷えにお気を付けくださいね!




私が参考にさせていただいた「発酵食の本」です~難しくなくて、とっつきやすかったです^^

よければ応援してください!

-おすすめ発酵食

© 2020 発酵美ジュアリスト