主菜&ランチ

砂糖要らず!牛こま切れ肉がバルサミコ酢で牛丼風に

砂糖要らず!牛こま切れ肉がバルサミコ酢で牛丼風に

つけ置き調味料で、とっても美味しい「牛丼」ができます!
しかも、砂糖なしで、発酵のバルサミコ酢を使うので、代謝が良くなってきますよ。

お腹のサイズダウン、狙っていきたいですね♪

つけ置きを使う「簡単発酵料理」

牛肉の味付けって、焼肉のたれを使うとか、醤油とみりん砂糖などでした。
発酵料理を知ってから、コチュジャンを入れたり、ニンニクなどで下味付けたりして、
また違う美味しさを楽しんでます♪

今回は「つけ置きメニュー」を、増やそうと思いました。

つけ置きは色々できそうですが、「バルサミコ酢」を使ったものに。

砂糖もなし、みりんもなしで、でも代謝に良くて美味しいんです^^

ひと晩つけ置きして、食べる時に焼くだけ

牛こま切れ肉のバルサミコ酢漬けレシピ

牛肉こま切れ 3~400g(約二人前)
バルサミコ酢大さじ1~2
しょうゆ 大さじ2
ニンニクすりおろし 1かけ
赤ワイン 大さじ1
コショウ 少々
酵素ジュース 大さじ1

はちみつなど入れなくて、酵素ジュースを入れてあります。
後は、油を引いて焼くだけ。
ご飯にのせて、牛丼風にしていただきます。

参考にさせていただきました↓

バルサミコ酢だから、焼いたお汁も入れてどんぶり風に

このつけ置き汁は、栄養たっぷりだから、焼いた時も入れて、
ご飯を入れたときに、牛丼風のお汁にします。
バルサミコ酢とは、イタリア特産のお酢です。

牛丼風にして、ぬか漬けのヤマイモを散らしました!
家のぬか床が、どうも発酵が弱ってきているので、ヤマイモはそんなに変化なしですが、
いつまでもきれいな色です↓

プチトマト、バジルを添えて

バルサミコ酢も入った牛丼風

次の日ランチも牛肉のバルサミコ酢のオムレツと発酵食

一度目は夕食に。
多めに作れば、ランチにも、何もないときのおかずにもいけます。

二度目はお味噌汁をつけて、ランチにしました。
円形の卵を焼いて、牛肉バルサミコ酢つけ置きとピーマンを炒め、
卵で二つにサンド。
味付けはほぼなしでいけました↓

牛肉バルサミコ酢つけ置きのオムレツ

発酵食「味噌・ぬか漬け・バルサミコ酢」入りランチ♪
腸活にすごく良かったですよ♪

きゅうりのぬか漬けは、いつもどおり浅漬け(半日位)で。
ミョウガは、古漬けです^^
発酵が遅くなっているので、ぬか床を更新(ぬか+塩)したあとのものです!

発酵食味噌とぬか漬けとバルサミコ酢入り
ランチは腸活にバツグンの発酵風

バルサミコ酢ってどんなお酢?

バルサミコ酢は、イタリア特産の濃厚な黒色ワインビネガーです。
伝統的な高級品から、普及品まで値段も品質も、様々です。

モデナ産やレッジオエミリア産の伝統的なバルサミコ酢などは、熟成された高級品です。
豊かな香りと黒色の、トロリとしたものは、
数年以上も熟成されて、とても洗練されたものだそうです。
(食したことがないのですが^^)

発酵といっても、年月でも変化していきますね。
梅干しでも、味噌でも、古来の製法で作られたものは、
自然食の東城先生のご著書では、薬のような作用も出てくる、と書かれていました。

まとめ・つけ置きは便利で使いまわしがきく

お肉や魚など、残ってしまうものをつけ置いてもいいですね。

つけ置きの知識があれば、何種類か作っておいて、
ローテーションしてもいいかもですね。
あとは楽に調理できますしー。

発酵で変化する味も、楽しみです♪
もっと、つけダレや発酵を活用して、
「簡単で美味しく健康に」いけるようにしたいものです。

よければ応援してください!

-主菜&ランチ

© 2020 発酵美ジュアリスト