主菜&ランチ

「酒粕豆乳のゴロゴロポテト」とピクルスのさっぱりした一食

暑い夏にさっぱり酢のおかずとごはん

「酒粕豆乳のゴロゴロポテト」とピクルスのさっぱりした一食

暑いですね・・・とにかく何をしても「汗だく」になる、日中です。

食欲はなくならないのですが、消化に良くて、さっぱりした喉越しのものがいい、
と思うのは、私ひとりじゃないと思いますが・・・。

とにかく、酢のものや、サッパリした物を食べてみたい、と思いました。

ピクルスをスパイスとお酢で漬け込む

ピクルスは3日ほど前から、漬け込んでおきます。

スパイス入りのピクルスの元を使いました↓

ギャバン スパイス屋さんのピクルスの素 15g
ハーブ入りピクルスの元

スパイス入りピクルスの漬け方

漬けたい野菜 200g~ (←多めに入れてます)
お酢     100CC~(←多めに入れてます)
ピクルスの元 1袋
水      50CC
お砂糖    おおさじ1 (←砂糖二分の一で、酵素ジュースを入れてます)

お酢とお水とピクルスの元と砂糖を混ぜ合わせて、野菜を漬けるだけ。
一日は常温、二日目から冷蔵庫保存にしましたが、常温の方が早く漬かります。
もう一日、常温でもよかったですね~。

スパイス入りピクルスつけ始め

ニンジンとキュウリを少し多めに、漬けました。

これで三日ほどすれば、甘くないスパイスの効いた、ピクルスの出来上がりです。
(甘さが欲しいときは、砂糖類を多めにいれるといい)

豆乳と酒粕で、ゴロゴロポテト作り

「キタアカリ」の小さいジャガイモがあって、どうしようかな、と考えました。

以前酒粕と豆乳で、ポテトサラダを作ったので、
今回はスープ風にしてみました。

ジャガイモは皮をむき、茹でておきます。

豆乳と酒粕とお水を入れて煮立たせて、そこへジャガイモを入れて煮込みます。

ゴロゴロと形が残るくらいで、塩、コショウや醤油少々入れて、火を止めて出来上がり。

ポテトを豆乳と酒粕と水少しで煮る
青のりも散らします^^
豆乳と酒粕のゴロゴロポテト

焼きオクラの田楽味噌のせ

オクラは今が旬ですね。
ちょっと茹でて、オーブンなんかでさっと焼くと、風味歯ごたえも残ります。

田楽味噌も作り置き出来ますよ♪
白みそに、酵素ジュースを入れてるので、そんなに甘ったるくもなくちょうどいい具合に。

焼きオクラも田楽味噌のせ

酸っぱさと甘さとで食が進む

ピクルスが出来上がっていました♪

三日後のスパイシーピクルス

スパイスを使ったのは初めてです。
ちょっと刺激があるので、子供さん向きではないですね。

甘くないので、大人でも好みがわかれそうな感じです↓

スパイシーピクルス

お酒と共に、なら結構たべれます^^

お刺身とご飯で、さっぱりした夏の夕食になりました♪

暑い夏にさっぱり酢のおかずとごはん

まとめ:食べやすい・発酵食ですーっと入ると消化にもいい

さすがに、お酢・味噌・酒粕と発酵食が揃(そろ)うと、食後も消化が楽みたいです^^

結構お腹は一杯になるのに、胃腸が楽っていいな、と思いますね。
熱中症が今大変多いそうですが、怖がるばかりではなくて、
発酵食で体の免疫を上げつつ、
美味しく楽しく、予防していきたいですね!

お水は大目に飲みますが、朝と晩に酵素ジュースを入れるようにしています
少しの手間で酵素を補えますし、細胞の栄養ですしね^^

暑さ対策して、気を付けてお過ごしくださいね!

よければ応援してください!

-主菜&ランチ
-, ,

© 2020 発酵美ジュアリスト