調味料

煮魚には日本酒とみりんが決め手!発酵する調味料を比較してみた

煮魚を作るときの日本酒とみりんの発酵調味料を考えてみたら

買い物に出かけたスーパーで、ぶりのアラが売ってました。

アラ炊きって、ほぼ料理しないのですが、この時の「ぶりのアラ」がプリプリで♡
思わず、「これ!アラ炊きしよう!っ」と手に取りました^^

その時は、もう頭の中で、しょうゆとみりんとお酒で煮詰めた「アラ炊き」が映っていたのでした。

煮魚は「煮こごり」といって、冷めたらお出汁がゼリー状になって、美味しいです♪
ただ、骨を取るのがいやだな~と思ってしまうんですね~。

このぶりのアラのプリプリ度は、一等クラス^^  ←ってどんなランキング??
おまけに、期限が明日までなのに「半額」だったのでした♡

ということで、次の日に炊いてみました♪

煮魚の調味料日本酒と料理酒・みりんと発酵調味料の違い

さて、いざ調理するときに、「料理酒」を結構たくさん入れますが、
今回は途中の味の苦さが気になったんですね。

またみりんも入れたのですが、まろやかさもあまり出ない感じで、
お砂糖を足しました。

昔、調味料に凝っていた時期があって、
その時の「料理酒」「みりん」は、もっとコクが出た記憶がありました。
お砂糖をほぼ使わなくても、美味しかったんです。
前の調味料のほうが楽だし、美味しいし。

だから、今度買う時のためにも、今回は、「料理酒」「みりん」について、調べてみました。

料理酒と清酒の違い

家にあるのは、「伏流水仕込み・国産米100パーセント」とある料理酒。
裏を見ると、醸造調味料(米・米麹・食塩) アルコール、食塩、水あめ、調味料とあります。

つまり「酒税法上は酒類に含まれない」醸造調味料なのです。

白鶴さんからの引用です

一般的に称される「料理酒」は、飲用の清酒(日本酒)、料理用の清酒(日本酒)の他に、食塩を添加した料理酒(加塩料理酒)や合成清酒も含みます。加塩料理酒とは、清酒や合成清酒に食塩を添加し、飲めなくした(不可飲処理)料理酒のことをさします。

http://www.hakutsuru.co.jp/product/cooking_sake_library/

そうでした・・・。
うっかり買ったのは、食塩を添加した料理酒(加塩料理酒)だったのでした・・・。

どうりで、煮立つ匂いが全然違ったのでした。

料理するお酒には三種類あって、
「飲用つまり普通の日本酒」と「料理用に作られている清酒」と「食塩を添加した清酒でない調味料」です。

はじめはこんがらがりましたが、なるほど「醸造調味料」と書いてあるのと、「清酒」と書いてあるのとは違うわけです。

https://hakkouvisualist.com/wp-content/uploads/2020/07/4F18F310-E791-479A-B88B-EABAE389B163-scaled.jpeg

みりんと「発酵調味料やみりん風調味料」との違い

みりんはいつも発酵調味料とかみりん風調味料は使っていない、「酒類調味料」のみりんなので、「本みりん」です。

みりんは、大きくは「本みりん」と「本直し」「みりん風調味料」に分かれます。
また「本みりん」は、「本格本みりん」と「本みりん」とに分かれます。

家で使っているのは、「本みりん」なのですが、古くからの製法でもち米と米麹や米焼酎のみで作られた、
「本格本みりん」とは違い、醸造アルコールで仕込まれたみりんのようです。

いやあ、調味料って奥が深いし、市販に出回っているものを見分けるのにも、知識がいりますね。

日本酒に合う「ぶりアラ炊き」とパイナップルオクラの和え物の夜ご飯

さて夜ご飯ですが、「ぶりのアラ炊き」に「オクラとパイナップル」のネバネバ発酵レシピです^^

https://hakkouvisualist.com/wp-content/uploads/2020/07/A3920DA7-1E75-4BA1-A91B-7C4C7E4723C8-scaled-e1595374112885.jpeg

「オクラとパイナップル」は、
残った田楽味噌「白みそ+自家製酵素ジュース」で和えました♪

パインの酸っぱさと田楽味噌がマッチしてました!

「ミョウガ」はぬか漬けにしてあるもの。
長くつけておいても、塩辛くもなりにくくて、美味しいんですよ♪

調味料のこと、これからも研究していきます。
同じ手間をかけるなら、美味しく健康に料理して、食したいですもんね。

よければ応援してください!

-調味料

© 2020 発酵美ジュアリスト